桜・藤

お上人様のご希望で、
斎藤道三がお寺の由来にあるということでしたので一枚は『藤』に。そして、日蓮宗総本山のしだれ桜にちなんで『桜』を描かせていただきました。

桜の天井画の奥が位牌堂、藤の天井画の奥が談話室になっていることもあり、参拝者の方を奥まで導くようになればと考えて天井の中心を細長く切り取ったように天井画を入れさせていただきました。

長細い画面が板の継ぎ目で途切れないように裏から特殊な固定方法を施して、桟が表に出ないように設置していただきました。